10月研究会のおしらせ

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
2020年10月研究会のお知らせ

▼日 時:2020年10月11日(日) 14時~17時頃
▼会 場:ZOOMによるオンライン実施

1. 研究発表
▼報告者:鎌田麻衣子(東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科)
▼テーマ:高校生の「役を演じる」経験による自己認識の変容プロセス
―青年期の自己の〈解体〉と〈再構成〉に着目して―
▼要旨:
高校生というのは、青年期の真っただ中にある。その青年期とは「自分は何者か」というアイデンティティの混乱に直面して始まる。社会で生きていくなかで環境に合わせようとする自己同一化(アイデンティティ)の方向と、それをくずそうとするアイデンティティ混乱との〈葛藤〉である。
現在、我が国の高等学校においては「演劇」の授業が各地で行われている。その授業実践においては、ある戯曲の登場人物(役)を演じる活動が行われることがあるだろう。しかし、役を演じる経験が実際のところ青年期の自己についての葛藤を抱える高校生たちにとってどのような経験となっているのかということについての研究はほとんどなされていない。
そこで本研究では、高校生の役を演じる経験による生徒の変容プロセスを、自己についての認識に着目して明らかにしたい。高校生が役という虚構の人格に出会い、それを演じることで自己についてどのような認識をし、そして自己を作っていくのか、その詳細に迫りたい。本研究ではこのような問題を明らかにするための研究方法としてエスノグラフィーを採用する。役を演じるという複雑な事象とその課題を行う生徒の経験について、多様性と文脈を尊重しその行為の意味を解釈することで本研究の問いを明らかにしたい。

2. ディスカッション
▼コロナ禍における演劇教育をめぐって
▼話題提供:高山 昇(桜美林大学、日本大学 他非常勤講師)
▼要旨:
前回の研究会に引き続き、コロナ禍における演劇教育についてディスカッションを実施します。
文部科学省の調査(2020.7.1現在)によると、2020年度前期(春学期)に全面的な対面授業を実施した大学は全国で16.2%。つまり新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、全国で83.8%の大学がYouTubeなどを用いたオンデマンド方式、Zoomなどを用いた同時双方向方式、さらには課題研究方式などで遠隔授業を実施したことになる。この状況は一部の大学、または一部の実技・実習系科目を除いて、今年度後期(秋学期)も継続の様相である。
遠隔授業のスタート時には、「授業ができるのか?」「講座が成立するのか?」と懐疑的な見方が大勢であった。しかし、一部の手抜き授業やいわゆる“らくたん科目”を除き、授業者・学習者ともに、遠隔授業に対しては予想以上の手応えを得ている状況もある。アフターコロナにおいても、現在の遠隔授業を一部継続する方針を打ち出した大学もある。一方で、5月中旬以降にほぼ通常登校を実施している小・中・高等学校の状況を踏まえ、「学生をキャンパスへ」と大学にも通常の授業を求める発信や報道が目に付くようになっている。
このような状況の中で、演劇教育の現場ではどのような実践が行われ、授業者はどのような手応えを感じ、何を問題視しているのだろうか。また、引き続き実施されている後期(秋学期)の遠隔授業では、どのような取り組みをしようとしているのだろうか。参加者の皆さんとともに多くの情報を共有し、これからの演劇教育についての議論を深めていきたい。

■研究会の申し込み方法
参加を希望される方は以下のフォームに必要事項を記入の上お申し込みください。後日、ID/PWまたはURLをご連絡します。

https://forms.gle/b4jgUofCQH94k1rh8

■研究発表&実践報告の募集
日々の研究成果や実践をご報告してくださる方を、募集しています。口頭によるご報告&質疑、60~90分程度。実施に際してはA4版2~3枚程度のレジュメ作成をお願いしています。ご希望の方は、E-mailで研究会宛ご連絡をお願いします。運営委員会で確認後、日程等のご相談をさせていただきます。
なお、2020年内はコロナ禍に鑑み、研究会のオンライン実施を検討しています。ご希望があれば合わせてお知らせください。

カテゴリー: 未分類 | 10月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。

【終了しました】2020年度総会・7月研究会のお知らせ

2020年度総会・7月研究会のお知らせ

▼日 時:2020年7月12日(日) 14時~17時頃
▼オンライン実施。
ご参加いただける方は、お申し込みをお願いします。後日、参加方法をご連絡します。
▼総 会:14時〜14時30分頃

議案1.2019年度活動報告(2019年7月~2020年7月)
議案2.2019年度会計報告(2019年7月~2020年7月)
議案3.2020年度活動方針(2020年7月~2021年7月)
議案4.20120年~2021年度運営委員選出(2020年7月~2022年7月)

▼研究会:14時30分頃〜17時頃

▼研究会要旨:
テーマ:演劇と教育と社会的距離
現状、報道等で用いられている「ソーシャルディスタンス」は、すでにいくつかの指摘があるように、実際には身体と身体の間に物理的な距離を取ること(によって疫病の感染拡大を防ぐことに社会を構成する一員として寄与すること)であって、それぞれの対人的な社会的距離とはあまり関係がない。しかし、「身体の共在」はパフォーマンス研究ではほとんど決定的な概念であり、身体間の物理的な近接や、そこに関わる個人や集団の相互の社会的立場と距離は、演劇でも教育でも、これまで明示的にも暗示的にも盛り込まれて議論されてきた。劇場は元来、集会の要素を持ち、学校は何よりも、家庭や地域から離れて学習者が集まる場所だった。「社会的距離」が要請されている、つまり、「身体の共在」が社会的に容認されていないように捉えられる現状において、演劇と教育はどのような可能性を追求すべきなのか。
今回は、これまでの議論に内包されていた「社会的距離」に関わる要素を整理しながら、テクノロジーと身体の関係も視野に入れつつ、演劇と教育に関わる者の「社会的距離」について意見交換する機会としたい。
(話題提供・整理 花家彩子)

▼申し込み方法
参加を希望される方は以下のフォームに必要事項を記入の上お申し込みください。
https://forms.gle/b4jgUofCQH94k1rh8
■研究発表&実践報告の募集
日々の研究成果や実践をご報告してくださる方を、募集しています。口頭によるご報告&質疑、60~90分程度。実施に際してはA4版2~3枚程度のレジュメ作成をお願いしています。ご希望の方は、E-mailで研究会宛ご連絡をお願いします。運営委員会で確認後、日程等のご相談をさせていただきます。
なお、2020年内はコロナ禍に鑑み、研究会のオンライン実施を検討しています。ご希望があれば合わせてお知らせください。

■日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会紀要「演劇教育研究」9号 投稿募集のお知らせ
「演劇教育研究」9号の原稿を募集いたします。
投稿規定の詳細は、「演劇教育研究」6号の巻末、または

【締め切りました】「演劇教育研究」7号原稿募集


をご確認ください。
投稿締切:2020年8月31日

カテゴリー: 未分類 | 【終了しました】2020年度総会・7月研究会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

【終了しました】2月研究会のおしらせ

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
2020年2月研究会のお知らせ

▼日 時:2020年2月16日(日) 14時~17時頃

▼会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室

▼報告者:北海道文教大学人間科学部こども発達学科 加藤 裕明・吉岡亜希子・笠見康大

▼テーマ:演劇による地域行動:学生参画型プロジェクト「ENIWA学」の開発―朗読劇『漁川(いざりがわ)物語』の上演を中心にー

▼要旨:「ENIWA学」とは、2019年8月から始まった北海道文教大学の教育改革プロジェクトである。ENgeki In Workshop and Activity の頭文字からなるもので、学生がフィールドワーク及びワークショップを通して、大学の所在地である北海道恵庭(えにわ)市の課題を探究すること、そして、演劇的な表現形式によって社会に文化を発信していこうとする地域文化行動をさす。
本発表では、特に、昨年12月に上演された朗読劇『漁川(いざりがわ)物語』を中心に、地域における演劇活動を学生による地域参画型教育の事例と位置づけ、その意義と課題について報告する。
(企画責任者:中島裕昭)

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほどです。
銀河鉄道バスを使うと、西武新宿線・小平駅から20分ほで北門に着きますが、日曜日は北門は閉鎖されていますので、ご注意ください。銀河鉄道バスは、1時間に3本ほどの頻度です。

■研究発表&実践報告の募集
日々の研究成果や実践をご報告してくださる方を、募集しています。口頭によるご報告&質疑、60~90分程度。実施に際してはA4版2~3枚程度のレジュメ作成をお願いしています。ご希望の方は、E-mailで研究会宛ご連絡をお願いします。運営委員会で確認後、日程等のご相談をさせていただきます。

カテゴリー: 未分類 | 【終了しました】2月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。

【終了しました】1月研究会のおしらせ

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
2020年1月研究会のお知らせ

▼日 時:2020年1月26日(日) 14時~17時頃

▼会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室

▼報告者:中島憲 (北海道大学教育学院生徒指導論講座D 北海道札幌稲雲高等学校演劇部顧問)

▼テーマ:生徒講評活動実践報告

▼要旨:2018年11月におこなわれた北海道高校演劇発表大会は札幌市教育文化会館で行われた。この日程に「嵐」をはじめとした3つのコンサートが重なったためにホテルを確保することが困難になり、宿泊施設での活動に制約があり、従前の講評文作成活動が不可能となった。この講評活動の導入を中島が行い、その後別の教員にファシリテーションを頼み、その一部始終を映像と音声で記録した。この記録を元に講評委員たちの言動や振る舞い、ファシリテーターのアドバイス、発言内容の変化を確認することができるようになった。記録の中から講評委員の討議の質変化とそのタイミングを取りだし、どのように集団が成長していくかについて提起を試みたい。
(企画責任者:花家彩子)

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほどです。
銀河鉄道バスを使うと、西武新宿線・小平駅から20分ほで北門に着きますが、日曜日は北門は閉鎖されていますので、ご注意ください。銀河鉄道バスは、1時間に3本ほどの頻度です。

■研究発表&実践報告の募集
日々の研究成果や実践をご報告してくださる方を、募集しています。口頭によるご報告&質疑、60~90分程度。実施に際してはA4版2~3枚程度のレジュメ作成をお願いしています。ご希望の方は、E-mailで研究会宛ご連絡をお願いします。運営委員会で確認後、日程等のご相談をさせていただきます。

カテゴリー: 未分類 | 【終了しました】1月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。

【終了しました】12月研究会のおしらせ

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
2019年12月研究会のお知らせ

▼日 時:2019年12月8日(日) 14時~17時頃
▼会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室
▼テーマ:「日本演劇教育研究事典」(仮称)編集の課題
報告者:中島裕昭(東京学芸大学)
▼要旨:研究会の懸案となっている事典編集について、現状を報告し、編集上の課題について、意見交換させていただきます。いわば「拡大編集委員会」という位置付けですので、ご関心、ご意見のある方は、ぜひご参加ください。(企画責任者:中島裕昭)

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほどです。
銀河鉄道バスを使うと、西武新宿線・小平駅から20分ほで北門に着きますが、日曜日は北門は閉鎖されていますので、ご注意ください。銀河鉄道バスは、1時間に3本ほどの頻度です。

■研究発表&実践報告の募集
日々の研究成果や実践をご報告してくださる方を、募集しています。口頭によるご報告&質疑、60~90分程度。実施に際してはA4版2~3枚程度のレジュメ作成をお願いしています。ご希望の方は、E-mailで研究会宛ご連絡をお願いします。運営委員会で確認後、日程等のご相談をさせていただきます。

カテゴリー: 未分類 | 【終了しました】12月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。

【終了しました】11月研究会のおしらせ

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
11月研究会のお知らせ

11月研究会を下記の要領で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしています。

▽日 時:2019年11月10日(日)14時~17時頃
▽会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室
https://goo.gl/maps/gHxWnQuWArn
▽院生による「修士論文中間発表会」
「日本におけるシェイクスピア『じゃじゃ馬ならし』の上演」飯田麻優子
「ダンスワークショップにおいて、ファシリテーターは何を考えているのか
−エスノグラフィーの手法を用いて筆者自身の実践を記述する− 」楠原竜也
2名とも、東京学芸大学教育学研究科修士課程
総合教育開発専攻表現教育コース在学中。
▽主 催:演劇と教育研究会

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほど(国分寺からのバスはありません)です。
銀河鉄道バス(小平または国分寺発)は本数が少なく、学芸大北門の前を通りますが日曜日は北門が閉じています。

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
●E-mail● ekk.and.ekk@gmail.com
●Web● http://ekk.moo.jp/
●Facebook●
http://ja-jp.facebook.com/pages/%E6%BC%94%E5%8A%87%E3%81%A8%E6%95%99%E8%82%B2%E7%A0%94%E7%
A9%B6%E4%BC%9A/115073041901604

カテゴリー: 未分類 | 【終了しました】11月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。

【中止となりました】10月研究会のおしらせ

台風12号接近に伴い、交通機関などに混乱が予想されるため、
10月の研究会は中止とさせていただきます。
日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
2019年10月研究会のお知らせ
 
▼日 時:2019年10月13日(日) 14時~17時頃
 
▼会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室
 
▼テーマ:「日本演劇教育研究事典」(仮称)編集の課題  
  報告者:中島裕昭(東京学芸大学)
 
▼要旨:研究会の懸案となっている事典編集について、現状を報告し、編集上の課題について、意見交換させていただきます。いわば「拡大編集委員会」という位置付けですので、ご関心、ご意見のある方は、ぜひご参加ください。(企画責任者:中島裕昭)
 
■会場案内:東京学芸大学には、
 
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
 
または、国分寺駅から徒歩20分ほどです。
 
 銀河鉄道バスを使うと、西武新宿線・小平駅から20分ほで北門に着きますが、日曜日は北門は閉鎖されていますので、ご注意ください。銀河鉄道バスは、1時間に3本ほどの頻度です。
 
■研究発表&実践報告の募集
 
日々の研究成果や実践をご報告してくださる方を、募集しています。口頭によるご報告&質疑、60~90分程度。実施に際してはA4版2~3枚程度のレジュメ作成をお願いしています。ご希望の方は、E-mailで研究会宛ご連絡をお願いします。
運営委員会で確認後、日程等のご相談をさせていただきます。
 
■次回は11月10日(日)に修士論文の中間発表会を予定しています。
カテゴリー: 未分類 | 【中止となりました】10月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。

【終了しました】2019年度分科会総会・7月研究会のおしらせ

▼日 時:2019年7月21日(日) 14時~17時頃

▼会 場:東京学芸大学 20周年記念飯島同窓会館2階 第四会議室
(いつもの場所と違います)

▼総 会:14時〜14時30分頃

▼研究会:14時30分頃〜17時頃
シンポジウム「乳幼児のための演劇の可能性」
発言者:小林由利子(東京都市大学)、中島裕昭(東京学芸大学)

▼シンポジウム要旨:近年、ヨーロッパを中心に、乳幼児のための演劇活動(大人・職業俳優による、乳幼児(例えば生後6ヶ月以上!)を観客対象とした演劇パフォーマンス)が盛んになっており、その一部は、従来の「児童演劇」のイメージを大きく超えるものである。そこには、演劇そのものが19世紀後半以来の演劇あるいはドラマの概念を超えるものに展開してきたこととパラレルの関係が見て取れる。
演劇上演において、テキストとそれによって展開される個人の人格に関わるドラマチックな物語・精神的内容よりも、感覚的・身体的表現とその受容およびその経験の反芻あるいは評価を優位に見ようとする態度は、近年のメディア・テクノロジーの進展による演劇という芸術表現様式の位置付けし直しということと不可分ではない。
シンポジウムでは、こういった現代演劇の展開と、乳幼児のための演劇の展開が、どこまで同軌するものなのか、また、こういった演劇表現が乳幼児と乳幼児を育む大人たちにとってどのように受容され、評価されているのか、ということについて意見交換したい。(企画責任者:中島裕昭)

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほど(国分寺からのバスはありません)です。

カテゴリー: 研究会 | 【終了しました】2019年度分科会総会・7月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。

【終了しました】6月研究会のおしらせ

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
6月研究会のおしらせ

6月研究会を下記の要領で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしています。

▼日 時:2019年6月30日(日) 14時~17時頃
▼会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室
▼発表者:飛田勘文(早稲田大学演劇博物館助教・2019年度秋季企画展展示担当者)
▼テーマ:演劇博物館主催2019年度秋季企画展「コドモノミライ – 現代演劇とこどもたち」の展示構成・内容の検討
▼発表要旨:
今年は、子どもの権利条約が採択されて30周年を迎える記念の年です。そこで、演劇博物館では、元々、坪内逍遙先生が児童劇の研究をされていたという経緯もあり、この秋に「こども」をテーマとする現代演劇の企画展を開催する予定です(なお、演劇博物館では1934年に「児童劇展覧会」を開催しており、実に85年ぶりとなります)。当館には築地小劇場で上演された「遠くの羊飼い」(演出:小山内薫・岩村和雄、1924年初演)の台本、番組、ポスターや、坪内逍遙先生の児童劇に関する資料など、貴重な資料が館蔵されています。したがって、過去の児童演劇の作品や演劇教育の活動にも触れたいと考えていますが、今回の展示では、特に21世紀のこどもを取り巻く社会問題をテーマとした現代演劇の作品に注目し、その資料の展示を行っていく予定です。そこで、本発表では、本企画展の展示構成や内容について紹介するとともに、よりよいものにしていくために、参加者の皆様と一緒にその構成や内容を検討していきたいと考えています。

展覧会名:「コドモノミライ ― 現代演劇とこどもたち」展
会  期:2019年9月28日(土)〜2020年1月19日(日)(予定)
会  場:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 2階企画展示室
主  催:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほど(国分寺からのバスはありません)です。

カテゴリー: 未分類 | 【終了しました】6月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。

【終了しました】5月研究会のおしらせ

5月研究会を下記の要領で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしています。

▼日 時:2019年5月26日(日) 14時~17時頃

▼会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室
https://goo.gl/maps/gHxWnQuWArn

▼発表者: 花家彩子(常葉大学)

▼テーマ:保育において絵本の読み聞かせに用いられる絵本の分類に関する研究

▼発表要旨
本報告は、読み聞かせを行う、という観点から絵本の分類を行った成果を報告するものである。
絵本の読み聞かせは、年長者が年少者に対して、絵本の画面を見せながら文字を読み上げ、聞かせる。絵本はもちろん、読者が一人で読み(眺めて)楽しむことができる。一方、読み聞かせは発声する者が視聴する者に対して読み上げて聞かせる行為であり、「観客を必要とする」という点で極めてパフォーマティブな行為であると言える。
幼稚園教育指導要領、保育所保育指針、及び幼保連携型認定こども園教育・保育要領に明示されるように、保育現場において絵本は子どもたちに親しまれるべきものとして積極的に活用されている。そして絵本の活用のあり方の中でも、特に絵本の読み聞かせについては、保育者自身が保育の一環として行うことが想定される。
しかし、保育者養成課程において、学生が実際に子どもを観客として読み聞かせを訓練する機会は極めて限定されている。限定的な機会を最大限活用するためには、絵本の読み聞かせについての理論的な知識と学習が有効であると考えられるが、読み聞かせについては、一部の優れた実践者の自伝的な経験論がまったくないわけではないものの、学術的蓄積に乏しい分野であると言わざるを得ない。
そこで本研究では、読み聞かせの観点からの絵本の分類を試みた。絵本は現在年間数千冊の単位で新刊が出版されており、すなわち現在に至るまで膨大な量の絵本が存在する。しかし、保育現場で読み聞かせに活用されるものや、活用が推奨されているものは限定的である。保育現場からの要請に答える形で、読み聞かせに代表される絵本の保育への活用の仕方を具体的に提案する文献はすでに複数存在する。同時に、絵本の描画技術の分析や扱われる物語の分類も精力的に進められている。本研究は、実際の絵本を確認しながら、これらの先行研究を「読み聞かせのための絵本はどのように選ばれているか」という観点から整理し直す作業を行った。

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほど(国分寺からのバスはありません)です。

カテゴリー: 未分類 | 【終了しました】5月研究会のおしらせ はコメントを受け付けていません。