【締め切りました】「演劇教育研究」7号原稿募集

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会紀要「演劇教育研究」7号 投稿募集のお知らせ

「演劇教育研究」の来る7号について、下記の要領で原稿を募集します。ふるって応募ください。

投稿規定の詳細は、「演劇教育研究」の最新号である6号の巻末、またはこちらをご確認ください。

特集テーマ

言語教育と演劇

冨田博之は『日本演劇教育史』(国土社、1998年)に、「キリスト教宣教師たちのもたらしたもの」という章を設けている。今、日本の演劇教育の歴史を振り返る上で最初に参照されることの多い本書は、明治時代にはすでに、多くのキリスト教系学校に発足した「文学会」が外国語による演劇上演を行なっていたことを教えてくれる。

演劇は長い間、記述された言葉を発話するという作業が基本にあると考えられてきた。たしかにこの作業は読み、書き、話すことを統一的に扱うことができるように見える。そのため、この作業は語学学習のために有効であるように見え、現在まで様々な形で積極的に取り入れられてきた。実際、国語の教科書には長い間戯曲教材が掲載されてきた。また、現在の外国語教科書が複数人の会話の場面を想定したページを含んでいないことなどありえないし、そのページに書かれているのは、たしかに、まるで台本のように見え、それを再現してみることは、演技をすることのように見える。
しかし、そこで行われていることを単純に演劇であると考えることは果たして妥当だろうか。たとえば、授業の枠を超えて、かつての文学会のように公演を行おうとする時には、語学を学ぶこと以外にしなければならない作業が多く発生する。作業の内容によっては、学ぶべき言語に一切触れないまま終わることもありうる。

そうだとすれば、演劇を語学教育に結びつけようとする際には、演劇のどのような要素が、言語を学ぶこと/教えることの何に、どのように関わっているのかを意識しなければならない。そしてそのような試みが実験的なものであればあるほど、演劇を結びつけたことの成果がどのように現れたのかを明示的に説明しなければならない。

『演劇教育研究』第7号のテーマは「言語教育と演劇」とした。語学教育の側からも様々な形で演劇との接点が探られている。積極的に投稿いただきたい。 

演劇と教育研究会 代表 中島裕昭

スケジュール

1)執筆申込締切:2017年3月末日

ekk.and.ekk@gmail.com まで、

  • 氏名
  • 所属
  • テーマ投稿か自由投稿かの別
  • 原稿種別(論文、実践報告、調査報告、または書評の別)
  • 原稿タイトル(暫定的なもので構いません。)

をお送りください。

2)投稿締切:2017年5月10日

  • 原稿を2部(原本として1部、審査用として1部)
  • 投稿票 (こちら 投稿票.docx からダウンロードください)

を、〈「演劇教育研究」原稿在中〉と朱書きの上、

〒184−8501 東京都小金井市貫井北町4−1−1 東京学芸大学 音楽・演劇講座 演劇分野 中島裕昭宛

までご送付ください。

3)刊行予定:2017年8月

掲載決定後、データでの提出をお願いします。

公開について

7号から紀要のインターネット公開を予定しています。 投稿をご希望の方はその旨をあらかじめご了承ください。

問い合わせ先

ekk.and.ekk@gmail.com

カテゴリー: 紀要 | タグ: | 【締め切りました】「演劇教育研究」7号原稿募集 はコメントを受け付けていません。

研究会紀要「演劇教育研究」投稿要領

投稿者は、当該号の発行年において日本演劇学会の会員であること。

投稿は、研究論文、実践報告、調査報告、研究ノート、書評とし、いずれも未投稿・未発表のものに限る。

なお、投稿原稿は演劇と教育に関わる内容であるものとし、それぞれを以下の通りに規定する。

(1) 研究論文とその査読観点

演劇教育および関連領域における、先行研究に加えられるべき学術的価値のある研究成果が論証的かつ明示的に述べられているもの。論文課題が明確に設定され、課題と対象との関係において適切な研究方法により、説得力のある分析を通して課題への解答が論証されていることが必要。今後の演劇教育の研究と実践に資する発見や提言などが、教育実践の結果に基づき実践研究としてまとめられた論文もこれに含まれる。

査読観点

  1. 問いと答え:論文課題とそれに対する解答が明示的であるか
  2. 先行研究との関連づけ、学術的価値づけ:先行研究との関連づけがなされ、当該論文の学術研究上の価値が明示的に述べられているか
  3. 研究方法の明確性、妥当性:研究方法が明らかか、課題との関係において妥当であるか
  4. 論証の無矛盾性、説得力:論証に矛盾がないか、説得力があるか
  5. その他、日本語の表現・表記、引用・参照文献記載の適切性など

(2) 実践報告とその査読観点

演劇教育および関連領域における、広く公開し共有する価値のある実践の内容が、具体的かつ必要十分な情報に基づいて記述されているもの。当該実践に関する基礎的記録が適切に参照され、情報が過不足なく整理され、実践の学術的価値が説得力をもって述べられていることが必要。論文ではないので、論文課題とそれに対する解答およびその論証は必要としない。

査読観点

  1. 報告としての記述、情報整理の適切性:実践について具体的に報告されているか、情報に曖昧さや過不足はないか、基礎データは適切に参照されているか
  2. 先行実践との関連づけ、実践の学術的価値づけ:先行実践との関連づけがなされ、当該実践の学術研究上の価値が明示的に述べられているか
  3. 記述の無矛盾性、説得力:実践の価値づけと報告の記述に矛盾がないか、説得力があるか
  4. その他、日本語の表現・表記、引用・参照文献記載の適切性など

(3) 調査報告とその査読観点

演劇教育および関連領域において、学術的目的と方法に即した調査により、広く公開し共有する価値があると判断された資料や事例、調査結果を記述したもの。調査の目的と方法が報告内容との関係において妥当であること、報告の価値が過不足なく説得力をもって述べられていることが必要。

査読観点

  1. 調査目的の学術的価値:調査目的は先行研究を踏まえ現在の学術研究の水準に見合った、学術的価値のあるものか
  2. 調査対象・方法の適切性:調査対象は目的との関係において適切に選択されているか。調査方法は目的と対象との関係において適切であるか
  3. 報告内容の正確性:調査の結果として報告されている内容は、調査そのものの内実に見合った正確なものであるか。調査に関わる基礎的な情報は正確かつ過不足なく提出されているか
  4. その他、日本語の表現・表記、引用・参照文献記載の適切性など

(4) 研究ノート

演劇教育および関連領域において、萌芽的研究課題、新しい研究方法ないし研究観点、新希の事例に基づいて、将来の研究の基礎または中間報告として、優れた研究につながる可能性のある内容が記述されているもの。現段階で公表する必要があるもの。

査読観点

  1. 萌芽性:課題・観点、方法、事例などに、将来の優れた研究につながる萌芽性があるか
  2. 先行研究との関連づけ、学術的価値づけ:先行研究との関連づけがなされ、当該研究ノートの学術研究的な価値が明示的に述べられているか
  3. 速報性:中間的・基礎的段階にある現時点で、公表する価値・必要性があるか
  4. 記述の無矛盾性、説得力:研究の価値づけと報告の記述に矛盾がないか、説得力があるか
  5. その他、日本語の表現・表記、引用・参照文献記載の適切性など

(5) 書評

演劇教育および関連領域におる近年の公刊書について、その内容、学術的意義、資料的価値などを、演劇教育の実践と研究の歴史的経緯を踏まえて評価しているもの。公刊書の内容を過不足なく客観的に記述していること、具体的な根拠に基づいて評価していることが必要。単なる新刊紹介ではない。

査読観点

  1. 公刊書の内容に基づく評価:公刊書の評価はその内容に基づいて行われているか
  2. 先行研究との関連づけ、学術的価値づけ:公刊書が演劇教育の実践と研究の歴史の中に位置づけられ、明示的に評価されているか
  3. その他、日本語の表現・表記、引用・参考文献の記載の適切性など

投稿原稿は未発表のものに限る。

ただし、口頭発表およびその配布資料等として既に公表されているものはこの限りではない。

投稿原稿は、和文または英文とする。

各記事の分量は、表題、本文、注、参考文献一覧、図表等を合わせて以下のとおりとする。

(1) 研究論文 和文12000字 英文4000words 以内

(2) 実践報告 和文10000字 英文3500words 以内

(3) 調査報告 和文10000字 英文3500words 以内

(4) 研究ノート 和文10000字 英文3500words 以内

(5) 書評 和文8000字 英文3000words 以内

提出原稿は、原則として横書きとする。ワープロソフトによって作成すること。

A4判用紙を縦長に用い、横書きで40字×30行、余白は左右各30㎜、上30㎜、下35㎜とする。英文原稿の場合も同様。字の大きさは10Pt〜 11Pt程度(15Q前後)とする。

各ページ下中央にページ番号を付与すること。

印刷時の字体には特別に必要な場合を除き装飾的なフォントを用いないこと。注は文末注とし、注番号にはアラビア数字を用いること。

カラー図表は用いないことが望ましい。

(必要に応じて、こちらのフォーマットをご利用ください。演劇教育研究原稿フォーマット.docx )

投稿原稿は、原本1部と審査用1部の合計2部を提出する。原稿は返却しない。提出先は、日本演劇学会分科会演劇と教育研究会編集委員会宛とする。その際、別紙の投稿票に必要事項を記入し、同封すること。

原稿の審査は匿名で行う。そのため、投稿原稿には、投稿者を特定できる語句(氏名、所属および謝辞等)を書き入れてはならない。また、投稿者本人の文献を引用する際にも、特定できるような書き方(本人及び連名者の氏名等)をしてはならない。

原稿の採否および掲載号に関しては、編集委員会の査読の上で決定する。採否は、後日投稿者に通知する。

なお、掲載決定後に電子データの提出を求める。

原稿が掲載された場合、投稿者には掲載号を2部進呈する。

著者校正は初校までとし、再校以降は編集委員会が校正する。

残部がなくなった号の内容をインターネット公開する場合等の二次利用権は、本研究会が有する。

カテゴリー: 紀要 | タグ: | 研究会紀要「演劇教育研究」投稿要領 はコメントを受け付けていません。

【終了しました】2月研究会のお知らせ

日本演劇学会 分科会 演劇と教育研究会

2月研究会のお知らせ


▽日 時:2016年2月21日(日) 14時~17時頃

▽会 場:東京学芸大学 演劇学研究室

▽内 容:本研究会紀要「演劇教育研究」6号掲載の

        論文・調査報告合評会
  ・佐々木英子「アプライドシアター/ドラマ(Applied Theatre/Drama)とは何か?
             ―変容する用語と場のパラダイム」
  ・園部友里恵・木村大望「アメリカのシニアシアターカンパニー『Stagebridge』の
      設立と展開 -高齢者を対象としたインプロクラスに着目して」

今回の研究会は、研究会紀要最新号(6号)に掲載された論文と調査報告の合評会です。執筆者にもご参加いただくことになっています。論文・報告執筆の苦労・成果や、その評価について、忌憚のないご意見をいただき、意見交換をとおして、研究会全体の研究水準向上につなけられればと思います。

 

(企画責任者・司会 中島裕昭)

 
会場案内:東京学芸大学には、

 JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)

 または、国分寺駅から徒歩20分ほど(国分寺から のバスはありません)です。

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
●E-mail●ekk.and.ekk@gmail.com

カテゴリー: 研究会 | タグ: | 【終了しました】2月研究会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

「演劇教育研究」第6号 目次

特集テーマ 演劇と教育に関わる用語の問題

巻頭特集

  • 2015年度日本演劇学会全国大会パネル発表報告 「演劇と教育」研究の蓄積のために ―共有すべき基礎知識・用語―

テーマ投稿

  • 佐々木英子「アプライドシアター/ドラマ(Applied Theatre/Drama)とは何か? ―変容する用語と場のパラダイム―」
  • 花家彩子「〈演劇教育〉とは何だったか ―冨田博之、飯塚友一郎、青江舜二郎の演劇教育論を中心に―」

特別寄稿

  • 中島裕昭「『コミュニケーション教育』をめぐる演劇と教育の問題」

自由投稿

  • 川島裕子「授業実践の文脈としての『演劇と教育』の接点」

調査報告

  • 園部友里恵、木村大望「アメリカのシニアシアターカンパニー『Stagebridge』の設立と展開 ―高齢者を対象としたインプロクラスに着目して―」
カテゴリー: 紀要 | タグ: , | 「演劇教育研究」第6号 目次 はコメントを受け付けていません。

「演劇教育研究」第5号 目次

特集テーマ 教育者養成と演劇

特別寄稿

  • 小林志郎「Teacher in Roleにおける演技についての考察」

論文

  • 渡辺貴裕「教師が演劇的手法を使えるようになるための仕掛けづくり ―『学びの空間研究会』の取り組み―」

投稿論文

  • 加藤裕明「演劇教育による教師の学び ―高校演劇の指導過程における教師の変化―」

書評

  • 木下いずみ「さあ、一緒に『ラジオドラマ作り』に参加しよう! ―『地域発防災ラジオドラマ作り』を読んで―」
カテゴリー: 紀要 | タグ: , | 「演劇教育研究」第5号 目次 はコメントを受け付けていません。

「演劇教育研究」第4号 目次

特集テーマ
ワークショップという方法 ―実践の記述、評価に寄せて―

  • 小林由利子「ドラマ活動というワークショップの記録と評価 ―ニュージーランドの保育実践記録からの示唆―」
  • 高尾隆「エドワード・ボンドの演劇教育 ―『戦争戯曲集解説』から考える問いを生み出すための演劇―」
  • 高木光太郎「ワークショップ評価における『混乱』への着目 ―「まなびほぐし」ワークショップを例として―」

投稿論文

  • 園部友里恵「企業研修における演劇的手法の活用の変遷 ―ロール・プレイングからインプロへ―」

書評

  • 花家彩子 佐藤信編『学校という劇場から―演劇教育とワークショップ』(論創社、2011年)
カテゴリー: 紀要 | タグ: , | 「演劇教育研究」第4号 目次 はコメントを受け付けていません。

「演劇教育研究」第3号 目次

報告

  • 園部友里恵「中山間地域で〈演劇によるまちづくり〉を実践する劇場運営者 ―島根県「しいの実シアター」運営者へのライフストーリー・インタビューから」
  • 宮本健太郎「国際演劇教育学会研究大会参加報告」
カテゴリー: 紀要 | タグ: , | 「演劇教育研究」第3号 目次 はコメントを受け付けていません。

「演劇教育研究」第2号 目次

論文

  • 高尾隆「演劇が育てるコミュニケーション能力とは何か?」
  • 渡辺貴裕「文学作品の読みの授業における演劇的手法の活用」
  • 山本直樹「ドラマ教育を活かした保育内容『表現』に関する研究」

報告

  • 宮本健太郎「国際児童青少年演劇協会世界大会参加報告」
  • 高山昇「ドラマ教育の構造」
カテゴリー: 紀要 | タグ: , | 「演劇教育研究」第2号 目次 はコメントを受け付けていません。

「演劇教育研究」第1号 目次

  • 中島裕昭 演劇と教育研究会紀要創刊にあたって

論文

  • Philip Taylor ‘Development in Qualitative Educational Drama Research’
  • Yoshiki Akiba & Yasuhiko Kumagai ‘Poetics of Workshop: Teacher Training though Theatre with Ethnomethodology’
  • 高尾隆「演劇か学力か ―学力を育む演劇と教育の出会い方―」
  • 高山昇「学校教育における演劇の今日的意義 ―高等学校における演劇的教育に関する考察―」
  • Mariko Yoshida ‘Reflection on the “Cultural Literacy Workshop 2006” And Its Application to EFL Classroom’

報告

  • 宮本健太郎「国際演劇教育連盟研究大会参加報告」
カテゴリー: 紀要 | タグ: , | 「演劇教育研究」第1号 目次 はコメントを受け付けていません。

「演劇教育研究」第6号

本研究会紀要「演劇教育研究」第6号が完成しました。
(ちょっと前に)
お知らせが遅くなって大変申し訳ございません。

流通、公開にちょっと難あり、の紀要ですが、
ご連絡いただければ一部500円(送料、手数料別)で一般販売もしております。
以下、目次です。

・巻頭特集
2015年度日本演劇学会全国大会パネル発表報告
「演劇と教育」研究の蓄積のために ―共有すべき基礎知識・用語―

・テーマ投稿
佐々木英子「アプライドシアター/ドラマ(Applied Theatre/Drama)とは何か? ―変容する用語と場のパラダイム―」

花家彩子「〈演劇教育〉とは何だったか ―冨田博之、飯塚友一郎、青江舜二郎の演劇教育論を中心に―」

・特別寄稿
中島裕昭「『コミュニケーション教育』をめぐる演劇と教育の問題」

・自由投稿
川島裕子「授業実践の文脈としての『演劇と教育』の接点」

・調査報告
園部友里恵、木村大望「アメリカのシニアシアターカンパニー『Stagebridge』の設立と展開 ―高齢者を対象としたインプロクラスに着目して―」

カテゴリー: 紀要 | 「演劇教育研究」第6号 はコメントを受け付けていません。