【終了しました】4月研究会のおしらせ

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
4月研究会のおしらせ

4月研究会を下記の要領で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしています。

▼日 時:2019年4月21日(日) 14時~17時頃
▼会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室
https://goo.gl/maps/gHxWnQuWArn
▼発表者: 山本直樹(長野県立大学)
▼テーマ:日本保育学会年次大会(1948~2017) における演劇表現に関する研究発表動向
―発表者の演劇に関する捉え方に焦点を当ててー
▼発表要旨
先の日本保育学会において、演劇表現(ごっこ、ふり、劇遊び、人形劇、ロールプレイ、心理劇、音楽劇、上演活動等)に関する研究発表(第1回から第70回まで)の動向(全678件、大会平均9.7件)の分析結果を発表した。今回は、これまで扱えなかった、発表者の演劇に対する捉え方を再調査・分類し、これまでの結果と合わせて報告する。

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほど(国分寺からのバスはありません)です。

■研究発表&実践報告の募集
日々の研究成果や実践をご報告してくださる方を、募集しています。
口頭によるご報告&質疑、60~90分程度。
実施に際してはA4版2~3枚程度のレジュメ作成をお願いしています。
ご希望の方は、E-mailで研究会宛ご連絡をお願いします。
運営委員会で確認後、日程等のご相談をさせていただきます。

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会

●E-mail● ekk.and.ekk@gmail.com

演劇と教育研究会 の紹介

日本演劇学会分科会演劇と教育研究会のホームページです。 演劇と教育に関わる研究活動を行っています。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。