【終了しました】2月研究会のおしらせ

日本演劇学会 分科会 演劇と教育研究会
2月研究会のおしらせ

2月研究会を下記の要領で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしています。

▼日 時:2019年2月17日(日) 14時~17時頃
▼会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室
https://goo.gl/maps/gHxWnQuWArn
▼発表者: 中島 憲 (北海道大学教育学院学校教育講座生徒指導論講座D2)
▼テーマ: 生徒講評委員会報告2~学習理論の検討~

▼発表要旨
高校演劇発表大会では、生徒講評活動が行われており、生徒が自分の目線で意見を述べあい、講評文を作成している。この取り組みにより、生徒自身と引率顧問の双方が成長し、変化をもたらすことをこれまで報告してきた。高校生たちは対話を学び、討論の中で他者認識を深め、安心して発言できる場を獲得する事で自己発信の能力を著しく向上させる事がわかっている。また、顧問は日常の雑音が無い中で顧問同士での意見交流と引率生徒が大きく成長する場に驚き、その教育的意義を感じる場となっている。その結果、演劇創造に対する考えに変革がもたらされ、振り返りの時にその変化を口にすることで次の舞台への意識が大きく変化することが知られている。中部日本ブロックで始まったこの取り組みは全国大会への導入をきっかけに各地域に分散浸透してきている。この学習集団の変化成長についての理論を試みる。

(企画責任者・花家彩子)
■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほど(国分寺からのバスはありません)です。

■研究発表&実践報告の募集
日々の研究成果や実践をご報告してくださる方を、募集しています。
口頭によるご報告&質疑、60~90分程度。
実施に際してはA4版2~3枚程度のレジュメ作成をお願いしています。
ご希望の方は、3月末日までにE-mailで研究会宛ご連絡をお願いします。
運営委員会で確認後、日程等のご相談をさせていただきます。

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
●E-mail● ekk.and.ekk@gmail.com
●Web● http://ekk.moo.jp/

演劇と教育研究会 の紹介

日本演劇学会分科会演劇と教育研究会のホームページです。 演劇と教育に関わる研究活動を行っています。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。