11月研究会のおしらせ

11月研究会を下記の要領で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしています。

▽日 時:2018年11月18日(日)
14時~17時頃
▽会 場:東京学芸大学 芸術館2階 演劇学研究室
https://goo.gl/maps/gHxWnQuWArn

▽院生による「修士論文中間発表会」

「アウグスト・ボアールを読む」 岩田 さや子
「キース・ジョンストンのインプロとは何か」 堀 光希
「理学療法士養成校に所属する学生のコミュニケーション能力はインプロで高めることが出来るのか」 薄 直宏
「1960年代の台湾において雑誌《劇場》が目指した演劇言語について」 野田 容瑛

4名とも、東京学芸大学 教育学研究科 修士課程総合教育開発専攻 表現教育コース在学中。

▽主 催:演劇と教育研究会

■会場案内:東京学芸大学には、
JR中央線・武蔵小金井駅から京王バス・小平団地行で「学芸大正門前」下車(10分ほど)
または、国分寺駅から徒歩20分ほど(国分寺からのバスはありません)です。

■次回研究会は、2019年1月27日(日)を予定しております

日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会
●E-mail● ekk.and.ekk@gmail.com
●Web● http://ekk.moo.jp/

演劇と教育研究会 の紹介

日本演劇学会分科会演劇と教育研究会のホームページです。 演劇と教育に関わる研究活動を行っています。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。