研究会紀要「演劇教育研究」投稿要領

投稿者は、当該号の発行年において日本演劇学会の会員であること。

投稿は、研究論文、実践報告、調査報告、研究ノート、書評とし、いずれも未投稿・未発表のものに限る。

なお、投稿原稿は演劇と教育に関わる内容であるものとし、それぞれを以下の通りに規定する。

(1) 研究論文とその査読観点

演劇教育および関連領域における、先行研究に加えられるべき学術的価値のある研究成果が論証的かつ明示的に述べられているもの。論文課題が明確に設定され、課題と対象との関係において適切な研究方法により、説得力のある分析を通して課題への解答が論証されていることが必要。今後の演劇教育の研究と実践に資する発見や提言などが、教育実践の結果に基づき実践研究としてまとめられた論文もこれに含まれる。

査読観点

  1. 問いと答え:論文課題とそれに対する解答が明示的であるか
  2. 先行研究との関連づけ、学術的価値づけ:先行研究との関連づけがなされ、当該論文の学術研究上の価値が明示的に述べられているか
  3. 研究方法の明確性、妥当性:研究方法が明らかか、課題との関係において妥当であるか
  4. 論証の無矛盾性、説得力:論証に矛盾がないか、説得力があるか
  5. その他、日本語の表現・表記、引用・参照文献記載の適切性など

(2) 実践報告とその査読観点

演劇教育および関連領域における、広く公開し共有する価値のある実践の内容が、具体的かつ必要十分な情報に基づいて記述されているもの。当該実践に関する基礎的記録が適切に参照され、情報が過不足なく整理され、実践の学術的価値が説得力をもって述べられていることが必要。論文ではないので、論文課題とそれに対する解答およびその論証は必要としない。

査読観点

  1. 報告としての記述、情報整理の適切性:実践について具体的に報告されているか、情報に曖昧さや過不足はないか、基礎データは適切に参照されているか
  2. 先行実践との関連づけ、実践の学術的価値づけ:先行実践との関連づけがなされ、当該実践の学術研究上の価値が明示的に述べられているか
  3. 記述の無矛盾性、説得力:実践の価値づけと報告の記述に矛盾がないか、説得力があるか
  4. その他、日本語の表現・表記、引用・参照文献記載の適切性など

(3) 調査報告とその査読観点

演劇教育および関連領域において、学術的目的と方法に即した調査により、広く公開し共有する価値があると判断された資料や事例、調査結果を記述したもの。調査の目的と方法が報告内容との関係において妥当であること、報告の価値が過不足なく説得力をもって述べられていることが必要。

査読観点

  1. 調査目的の学術的価値:調査目的は先行研究を踏まえ現在の学術研究の水準に見合った、学術的価値のあるものか
  2. 調査対象・方法の適切性:調査対象は目的との関係において適切に選択されているか。調査方法は目的と対象との関係において適切であるか
  3. 報告内容の正確性:調査の結果として報告されている内容は、調査そのものの内実に見合った正確なものであるか。調査に関わる基礎的な情報は正確かつ過不足なく提出されているか
  4. その他、日本語の表現・表記、引用・参照文献記載の適切性など

(4) 研究ノート

演劇教育および関連領域において、萌芽的研究課題、新しい研究方法ないし研究観点、新希の事例に基づいて、将来の研究の基礎または中間報告として、優れた研究につながる可能性のある内容が記述されているもの。現段階で公表する必要があるもの。

査読観点

  1. 萌芽性:課題・観点、方法、事例などに、将来の優れた研究につながる萌芽性があるか
  2. 先行研究との関連づけ、学術的価値づけ:先行研究との関連づけがなされ、当該研究ノートの学術研究的な価値が明示的に述べられているか
  3. 速報性:中間的・基礎的段階にある現時点で、公表する価値・必要性があるか
  4. 記述の無矛盾性、説得力:研究の価値づけと報告の記述に矛盾がないか、説得力があるか
  5. その他、日本語の表現・表記、引用・参照文献記載の適切性など

(5) 書評

演劇教育および関連領域におる近年の公刊書について、その内容、学術的意義、資料的価値などを、演劇教育の実践と研究の歴史的経緯を踏まえて評価しているもの。公刊書の内容を過不足なく客観的に記述していること、具体的な根拠に基づいて評価していることが必要。単なる新刊紹介ではない。

査読観点

  1. 公刊書の内容に基づく評価:公刊書の評価はその内容に基づいて行われているか
  2. 先行研究との関連づけ、学術的価値づけ:公刊書が演劇教育の実践と研究の歴史の中に位置づけられ、明示的に評価されているか
  3. その他、日本語の表現・表記、引用・参考文献の記載の適切性など

投稿原稿は未発表のものに限る。

ただし、口頭発表およびその配布資料等として既に公表されているものはこの限りではない。

投稿原稿は、和文または英文とする。

各記事の分量は、表題、本文、注、参考文献一覧、図表等を合わせて以下のとおりとする。

(1) 研究論文 和文12000字 英文4000words 以内

(2) 実践報告 和文10000字 英文3500words 以内

(3) 調査報告 和文10000字 英文3500words 以内

(4) 研究ノート 和文10000字 英文3500words 以内

(5) 書評 和文8000字 英文3000words 以内

提出原稿は、原則として横書きとする。ワープロソフトによって作成すること。

A4判用紙を縦長に用い、横書きで40字×30行、余白は左右各30㎜、上30㎜、下35㎜とする。英文原稿の場合も同様。字の大きさは10Pt〜 11Pt程度(15Q前後)とする。

各ページ下中央にページ番号を付与すること。

印刷時の字体には特別に必要な場合を除き装飾的なフォントを用いないこと。注は文末注とし、注番号にはアラビア数字を用いること。

カラー図表は用いないことが望ましい。

(必要に応じて、こちらのフォーマットをご利用ください。演劇教育研究原稿フォーマット.docx )

投稿原稿は、原本1部と審査用1部の合計2部を提出する。原稿は返却しない。提出先は、日本演劇学会分科会演劇と教育研究会編集委員会宛とする。その際、別紙の投稿票に必要事項を記入し、同封すること。

原稿の審査は匿名で行う。そのため、投稿原稿には、投稿者を特定できる語句(氏名、所属および謝辞等)を書き入れてはならない。また、投稿者本人の文献を引用する際にも、特定できるような書き方(本人及び連名者の氏名等)をしてはならない。

原稿の採否および掲載号に関しては、編集委員会の査読の上で決定する。採否は、後日投稿者に通知する。

なお、掲載決定後に電子データの提出を求める。

原稿が掲載された場合、投稿者には掲載号を2部進呈する。

著者校正は初校までとし、再校以降は編集委員会が校正する。

残部がなくなった号の内容をインターネット公開する場合等の二次利用権は、本研究会が有する。

演劇と教育研究会 の紹介

日本演劇学会分科会演劇と教育研究会のホームページです。 演劇と教育に関わる研究活動を行っています。
カテゴリー: 紀要   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。